日々のつぶやき お仕事情報など

2015年06月15日

富士見L文庫「横濱妖精探偵社」、本日発売です

KIMG0031.jpgKIMG0030.jpg
どうもこんにちは、竹岡です。写真は今月の新刊と、仕事場のベランダにやってきた昆虫らしき生命体です。自分の写真技術のなさ具合がほとほと嫌になった一枚とも言います。カミキリムシ……なのか……これは……。

さて、気を取り直して謎の生命体じゃない方の話を。
富士見L文庫さんより、「横濱妖精探偵社 隣人さんは賑やかに踊る」が6月15日の今日、正式に発売となりました。どうぞよろしくお願いいたします。
ファンタジアではなくL文庫での執筆ははじめてです。たぶんラノベじゃなくて一般文庫の棚あたりに置かれていると思います。

身よりを亡くした主人公のマニが、祖母の再婚相手の「おじいちゃん」のもとに引き取られることになり、会いに行った先で待っていたのは妖精にまつわる事件と、二十代にしか見えない金髪の青年だった――という感じのお話です。ほのぼの愉快テイストを目指してみました。カバーの真ん中にいるパツキンの兄ちゃんが「おじいちゃん」ですね。ええ間違いありません。

なんで日本なのに妖精なんだ、妖怪じゃないのかという点に関しては、作中でちゃんと説明してあるのでそこも楽しみにしていてください。こういうつじつまを合わせるのは、地味に楽しみだったりします。

ちなみに昔ファミ通で書いていた「オトナリサンライク」という妖精もののお話とも、うっすらとですが繋がりがあります。話の根幹にかかわる物ではありませんが、見つけた時はにやっとしてください。ウォーリーを見つけたような感じで。

公式ホームページで試し読みもありますので(なんとまるまる1話収録です)、ぜひチェックしてみてください。
それではでは!
posted by hazuki at 08:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

政宗くんのリベンジ5巻、本日発売です

KIMG0019.jpg

政宗くんのリベンジの5巻コミックスが、Kindle版もあわせて本日27日発売です。
表紙は委員長! ヘッドホンいいですよねヘッドホン。
内容といたしましては、前巻で「なんじゃこりゃー!」した偽マサムネにまつわるエトセトラ。そして炎の学園祭編の幕開けです。
偽マサムネと愛姫をかけて勝負に出た政宗の明日はどっちだ。お楽しみください!

そして雑誌の連載の方も続いております。
コミックREX6月号も同日発売です。
今回はなんと巻頭カラーですよー。見開きが圧巻なのでぜひぜひチェックしてみてください。

それではではー。
posted by hazuki at 06:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

富士見L文庫より新作です

KIMG0003.jpg
どうもこんにちは、竹岡です。
花粉症でかぴかぴだった鼻もずいぶん良くなりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
ちなみにずるむけになった鼻は、写真のミント保湿クリームに助けられました。いや本気で。ありがとう北見ハッカ。飴もうまいよ。

そろそろ告知も出たようなので、宣伝させてください。
KADOKAWAの富士見L文庫より新作が出る予定です。

『横濱妖精探偵社 隣人さんは賑やかに踊る』

人と妖精とをつなぐ「妖精学者」と少女の、とっても優しいフェアリーテイル

身寄りをなくし、初めて会う「祖父」を訪ねて、人と妖精とが共存する街・横濱にやって来た少女・マニ。これは、20代にしか見えない「祖父」と一緒に暮らすことになった彼女が遭遇する、騒がしくも優しい妖精譚――

──というのが公式の紹介です。
富士見L文庫は、どちらかというと一般の棚に置かれることの方が多いと思います。
はじめてのレーベル、しかもひさしぶりの女子主人公ということでわくわくが止まりません。女子! 女子!
「妖精が出て来て、異様に若いおじいちゃんが孫をだだ可愛がる話が書きたいんです」という提案を受け入れてくださったL文庫さんに感謝です。
可愛い話になったと思うので、早く皆様にお届けしたいです。

ちなみに竹岡と妖精というと、ファミ通で書いたオトナリサンライクを思い出される方もいらっしゃるかもしれません。あれとは国が違いますが、読むとびみょーにニヤッとできる箇所もあるかと思われます。びみょーにびみょーに。

発売日は6月15日。どうぞよろしくお願いいたします。
その前に漫画の政宗くんのリベンジが来ますか。こちらも後ほど書かせていただきます。
それではでは。
posted by hazuki at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする