日々のつぶやき お仕事情報など

2016年06月04日

7月は2冊出ます

ベランダベランダ言い続けていた5月が過ぎ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。竹岡です。
まだ関東に梅雨は訪れておりませんが、梅雨入りする頃には政宗くんのリベンジの7巻が出る予定です。
修学旅行のパリ編です。
そして明けた7月のあたりに、小説の新刊が2冊出る予定です。
なにやら慌ただしくてすみません。
小説2冊をまとめてご紹介させてください。

まずは一冊目。
ホワイトブックスさんから『鉢かぶっちゃった姫〜蠣舘奇譚〜』という現代物が。
詳細とあらすじは公式ブログの方からご覧ください。

ひと言でいうとボーイ・ミーツ・ヘッドギア。
ちょっとヒロインがいかれた見た目をしておりますが、割とまじめに青春物を書いたつもりです。本人的には。
御伽草子の『鉢かづき姫』をベースにしてるので、姫のかぶり物は必須なのですヨ。
イラストはラフの神々しさからもおわかりのように、成Pちさと先生です。

発売日は七夕の7月7日。
文庫よりやや大きめサイズのB6小説本です。

続いて文庫のお話。こちらは一転して異世界ファンタジー。
7月30日に、ファミ通文庫さんで続けている『大元帥シリーズ』の3巻が出ます。
正式タイトルは『偉大なる大元帥の転身3 行きて、帰りし英雄譚』です。
なにやら意味深なサブタイトルですが、読み終われば意味がわかる仕様になったと自負しております。
ただいまゲラ作業中〜。
こちらもあわせてよろしくお願いいたします。

それではでは、滅びろアブラムシ!
posted by hazuki at 06:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

『おいしいベランダ。』作中の植物について

おいしいベランダ。に登場する野菜や植物について。
想像しづらいものもあると思いますので、資料用に撮った写真を載せていこうと思います。

まずはハーブのステビア。

IMG_0003HP.jpg

作中で地味だ雑草だとさんざんくさされてますが、こんな感じです。地味。
これとむしって煮詰めると──

IMG_0086HP.jpgIMG_0088HP.jpg

こうなります。
劇物にならないよう気をつけてください。

続きましてヤングコーン。

KIMG0085HP.jpg

大きさが分からないと困るので、バナナ足してみました。

KIMG0087HP.jpg

剥くとけっこう小さいです。食べちゃったので剥いた写真がありません。すみません。

余談ですが、青山のファーマーズマーケット。

KIMG0082HP.jpgKIMG0080HP.jpg

こんな感じで野菜や果物がいっぱい売ってます。
まもりが見たヤギはたぶんこれ。

KIMG0083HP.jpgKIMG0084HP.jpg

可愛い。

あとはイチジクですね。

IMG_0028HP.jpgIMG_0034HP.jpgIMG_0025HP.jpg

こんな感じで畑になっております。品種はドーファンだそうです。
イチジク100万本プロジェクトの服部様、その説はお世話になりました。

あと畑にいたカエル。

IMG_0032HP.jpg

可愛い。

最後に『ミッチー』のモデルにした温州みかんです。

IMG_0079HP.jpg

実がなってますが、この時点じゃまだ青くて食べられないですね。

こんな感じで植物たちと取っ組み合いつつ、楽しく書きました。
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by hazuki at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

『おいしいベランダ。午前1時のお隣ごはん』発売です

おいしいベランダ・カバー完成_160418hp.jpg

どうもこんにちは、竹岡です。
13日は愛犬の日だったそうですね。
だいぶあったかくなってきたかと思ったら、うちの犬も蒸れたらしく、病院で薬塗ってくるはめになりました。犬の背中が動物のお医者さんの『毛刈りの窓』みたいになってます。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、今月はL文庫さんより新作『おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん』が出ることになっております。
本日が正式発売日。
恋×料理×ガーデニングぐらいのコンセプトで書きました。
いくら一般寄りとはいえ、ベランダ菜園をネタにする本というのはあまり無いと思うのですが、そもそもの出発点は「農業もので何か書いてみませんか」という編集さんの提案でした。

私は割と相手のリクエストにほいほい乗っちゃうタイプなのですが、さすがに農業の知識もコネもないのに何を書けばいいのやら状態。
うーんうーんと考えた結果、「や、野菜なら育てたことあるぞ」と、一番身近なベランダ菜園まで規模を縮小、目線を近いところまで下げたのが本作『おいしいベランダ。』です。

我ながらなんというスケールダウン。でもそのぶん身近で愛着のある品に仕上がったと思います。
ほんとに書いてて楽しかったんですよ。あ、わたしこういうのも書けるのかと。

あと、カレル・チャペックやいとうせいこうさんの園芸エッセイを読んで、男性目線のガーデニングってなんか面白いなと思ったのが、きっかけと言えばきっかけかもしれません。
皆様にもぜひ触れていただければと思います。

公式ホームページで、本編の試し読みと、書き下ろしの番外編『まもり、夏の終わりにエイリアンを食べる。』が読めます。
番外編は本編終了後の話なのですが、かなりサクッと短いので、こちらから先に読んでしまってもいいかもしれません。
番外編はカクヨムの方でも読めます。

作中に出てくる植物などの写真も、後日載せられたらと思います。
それではでは、よろしくお願いいたします!


posted by hazuki at 13:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする