日々のつぶやき お仕事情報など

2015年09月30日

偉大なる大元帥の転身、発売です

IMG_0080.JPG

9月は取材に行ったりプロットをこねくり回したり、夏の間にのびきったゴーヤーの片付けをしたりと、下準備に駆け回っていた竹岡です。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
最終日の30日は、ファミ通文庫より新作『偉大なる大元帥の転身 出直し召喚士は落第中』が発売となります。
ファンタジーです。異世界召喚モノです。
あとがきや特設サイトにも書きましたが、前作パナティーア異譚の主人公とは真逆を行く主人公の話となりました。
一言で言うなら『召喚先で最初に会ったのがハイダル(魔術師)じゃなくアルゴス(美少女)だったら』みたいな。
同じページで試し読みもできますので、チェックしてみてください。

書店の特典などはこちらでどうぞ。アニメイトさんととらのあなさんでは、ささやかながらショートショートを書き下ろさせていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。ぺこり。
posted by hazuki at 03:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

ファミ通文庫より、9月に新作出ます

ファミ通文庫より、9月に新作出ます

どうも、連日ひからびそうな陽気が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
先日は引きこもりの封印を破り、有楽町までミュージカルのエリザベートを観てまいりました。ダンスを観るのが大好きなので(動く人間って美しいですよね)、ミュージカルももちろん大好物です。今回はキャスト一新演出一新で見応えがございました。

CGもカメラの切り替えもないのに、音と照明だけで次々に違うシーンを観客に送り出せる舞台ってほんと不思議です。照明落ちた瞬間に、異世界に持ってかれますからねえ。

で、異世界つながりというわけでもないですが。
ファミ通文庫より新作ラノベのお知らせです。

『偉大なる大元帥の転身 出直し召喚士は落第中』

タイトルからお察しの通り、ファンタジーです。
もっとぶっちゃけるなら異世界召喚ものです。
ええ、パナティーア異譚と一緒ですね。
割と早い時期に異世界に召喚されて、数年後〜という状況も、パナティーアの理人とかぶります。
ただ、召喚された後の過程がかなりイカれ……いえ、おかし……どうしてこうなったな主人公の話です。

たぶん、異世界召喚主人公対談とかやったら、おっそろしく噛み合わない二人です。お互いに「ありえない」「なにやってんの」とか連呼してそうな。置かれた立場も価値観もぜんぜん違うので、そういう意味でも書いてて面白いです。


9月30日発売予定ですので、何卒よろしくお願いいたします。
posted by hazuki at 10:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

富士見L文庫「横濱妖精探偵社」、本日発売です

KIMG0031.jpgKIMG0030.jpg
どうもこんにちは、竹岡です。写真は今月の新刊と、仕事場のベランダにやってきた昆虫らしき生命体です。自分の写真技術のなさ具合がほとほと嫌になった一枚とも言います。カミキリムシ……なのか……これは……。

さて、気を取り直して謎の生命体じゃない方の話を。
富士見L文庫さんより、「横濱妖精探偵社 隣人さんは賑やかに踊る」が6月15日の今日、正式に発売となりました。どうぞよろしくお願いいたします。
ファンタジアではなくL文庫での執筆ははじめてです。たぶんラノベじゃなくて一般文庫の棚あたりに置かれていると思います。

身よりを亡くした主人公のマニが、祖母の再婚相手の「おじいちゃん」のもとに引き取られることになり、会いに行った先で待っていたのは妖精にまつわる事件と、二十代にしか見えない金髪の青年だった――という感じのお話です。ほのぼの愉快テイストを目指してみました。カバーの真ん中にいるパツキンの兄ちゃんが「おじいちゃん」ですね。ええ間違いありません。

なんで日本なのに妖精なんだ、妖怪じゃないのかという点に関しては、作中でちゃんと説明してあるのでそこも楽しみにしていてください。こういうつじつまを合わせるのは、地味に楽しみだったりします。

ちなみに昔ファミ通で書いていた「オトナリサンライク」という妖精もののお話とも、うっすらとですが繋がりがあります。話の根幹にかかわる物ではありませんが、見つけた時はにやっとしてください。ウォーリーを見つけたような感じで。

公式ホームページで試し読みもありますので(なんとまるまる1話収録です)、ぜひチェックしてみてください。
それではでは!
posted by hazuki at 08:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

政宗くんのリベンジ5巻、本日発売です

KIMG0019.jpg

政宗くんのリベンジの5巻コミックスが、Kindle版もあわせて本日27日発売です。
表紙は委員長! ヘッドホンいいですよねヘッドホン。
内容といたしましては、前巻で「なんじゃこりゃー!」した偽マサムネにまつわるエトセトラ。そして炎の学園祭編の幕開けです。
偽マサムネと愛姫をかけて勝負に出た政宗の明日はどっちだ。お楽しみください!

そして雑誌の連載の方も続いております。
コミックREX6月号も同日発売です。
今回はなんと巻頭カラーですよー。見開きが圧巻なのでぜひぜひチェックしてみてください。

それではではー。
posted by hazuki at 06:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

富士見L文庫より新作です

KIMG0003.jpg
どうもこんにちは、竹岡です。
花粉症でかぴかぴだった鼻もずいぶん良くなりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
ちなみにずるむけになった鼻は、写真のミント保湿クリームに助けられました。いや本気で。ありがとう北見ハッカ。飴もうまいよ。

そろそろ告知も出たようなので、宣伝させてください。
KADOKAWAの富士見L文庫より新作が出る予定です。

『横濱妖精探偵社 隣人さんは賑やかに踊る』

人と妖精とをつなぐ「妖精学者」と少女の、とっても優しいフェアリーテイル

身寄りをなくし、初めて会う「祖父」を訪ねて、人と妖精とが共存する街・横濱にやって来た少女・マニ。これは、20代にしか見えない「祖父」と一緒に暮らすことになった彼女が遭遇する、騒がしくも優しい妖精譚――

──というのが公式の紹介です。
富士見L文庫は、どちらかというと一般の棚に置かれることの方が多いと思います。
はじめてのレーベル、しかもひさしぶりの女子主人公ということでわくわくが止まりません。女子! 女子!
「妖精が出て来て、異様に若いおじいちゃんが孫をだだ可愛がる話が書きたいんです」という提案を受け入れてくださったL文庫さんに感謝です。
可愛い話になったと思うので、早く皆様にお届けしたいです。

ちなみに竹岡と妖精というと、ファミ通で書いたオトナリサンライクを思い出される方もいらっしゃるかもしれません。あれとは国が違いますが、読むとびみょーにニヤッとできる箇所もあるかと思われます。びみょーにびみょーに。

発売日は6月15日。どうぞよろしくお願いいたします。
その前に漫画の政宗くんのリベンジが来ますか。こちらも後ほど書かせていただきます。
それではでは。
posted by hazuki at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

政宗くんのリベンジ5巻、4月27日発売決定です

KIMG0002.jpg

どうもこんにちは、竹岡です。
ようやっとカメラが壊れてないスマホを手に入れたので、こうして写真付きの画像を投下することができます。
普通カメラが壊れたなら買い換えるだろと言われますが、通話もメールもできてたのでずるずるとショップに行く足が遅れこんなことに。だって『携帯』できて『電話』ができたら携帯電話の役は果たせてますよね? 私の持ち物っていつもこんな感じで踏ん切りがつかない壊れ方をします。そして壊れてからが長い……。

それはそうと、本日はコミックREX4月号の発売日です。
ごらんの通り表紙は政宗くんです。うれしい!
中身も本編が載っていますので、よろしくお願いいたします。いよいよ文化祭スタートです。勝負の行方はどうなるか?? という感じです。

そして雑誌の方で告知されておりますが、コミックスの5巻の発売日が決定いたしました。
あの丸いヒトの正体がわかる5巻。4月売りです。今回は誰が表紙かと私も楽しみにしております。

それではでは、また発売日になりましたら登場する予定です。
原作担当、竹岡でした。

posted by hazuki at 11:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

パナティーア異譚5 双界のハピネス、本日発売です

ふりかえってみれば、今年に入ってはじめての更新でございました。
みなさま本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年のおみくじがあんまりといえばあんまりな結果だったので、その後に地元の七福神めぐりをしたのがお正月のトピックでしょうか。通常の七倍お祈りしてきたので、厄も祓えているかと思っております。はい。

さて、そして新年に入ってはじめての新刊はパナティーア異譚の最終巻です。本日発売となりました。
帯にもありますが、がっつり完結です。
この表紙とタイトルでどんな結末が待っているか想像していただけますと幸いです。あとウルスラさんとかウルスラさんとか。
個人的には、ラストの一文書くために書いてきたんだなと思いました。
お届けできてうれしいです。

別件の方ももそもそ活動しておりますが、ひとまずこちらをどうぞよろしくお願いいたします!
9784047301757.jpg
posted by hazuki at 07:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

パナティーア異譚5巻、1月30日発売決定です

どうもこんにちは、竹岡です。
12月になるまではと言い聞かせていたにもかかわらず、暖房を入れてしまった根性なしです。
いやね、だっておうちに保険屋さん来る日だったしね、お客様に寒い目にあわすわけにはいかないしね……。
そう言ってやってきた保険屋さんは、ストーブにあたるどころかコート脱いだら半袖でめっさびっくりしました。
火ぃたいてしまった自分ゴメンナサイという気分です。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私の方は、一つお知らせできることが。
四巻でも告知しておりましたが、パナティーア異譚の最終巻となる五巻が1月刊で出ることになりました
えらいとことろで終わってしまっていたので、ちゃんと完走できそうで本気でホッとしております。
タイトルは「双界のハピネス」。
理人たちがどんな決断を下すか、どうかこのタイトルとともに、予想しながらお待ちください。


それではでは! 別件の企画なども通りはじめたので、竹岡さらに働きます!
posted by hazuki at 20:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

蒼井葉留の正しい日本語についてもろもろ


どうもこんにちは、竹岡です。降ったりやんだり忙しい日でしたね。

本日は富士見の編集さんと打ち合わせで、蒼井葉留の正しい日本語の状況をふくめた話合いをしてきました。
結論といたしましては、ファンタジア文庫から三巻を出すことは難しいようです。
申し訳ありません。

私としても本当に残念です。一巻から二巻にかけての読者の定着率はすごく良いらしくて(脱落者があまりいない)、一巻を読んでくれた方は、おおむね満足していただける本が書けたという手ごたえは感じています。

担当さんとしてもこれをここで終わらせるのは惜しすぎると、どうにか活かす方法はないかといろいろ策を出してもらいました。道はできています。あとは私がそれをこなせるかどうかにかかっています。

少し遠回りになってしまうかもしれませんが、蒼井葉留というキャラクターと日本語の不思議にまつわる物語を、新しくお届けできるよう精進を重ねていきますので、なにとぞこれからも応援をよろしくお願いいたします。
posted by hazuki at 19:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

「パナティーア異譚4 聖石のエニグマ」本日発売です!

ゴボウのサラダを作るたびに、「買った方がうまい」とがっかり感がはんぱない竹岡です。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
ポテトとマカロニはわりと拮抗してるんだけどなー。ゴボウだけがあかん。なぜだ。

さて。今月最後の更新になるかと思われます。
新刊ラッシュ第三弾。トリを飾るのはファミ通文庫の「パナティーア異譚4 聖石のエニグマ」です。
表紙はばばーん。バティーヤさんです。
アレな終わり方をした3巻から、さらに突っ込んでみました。
この話を1巻で終わらせなかった意味があると信じて。ちょっとでも感じ取っていただけたら幸いです。

それではでは、竹岡でした!

1410shoimg5.jpg
posted by hazuki at 07:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする