日々のつぶやき お仕事情報など

2016年05月17日

『おいしいベランダ。』作中の植物について

おいしいベランダ。に登場する野菜や植物について。
想像しづらいものもあると思いますので、資料用に撮った写真を載せていこうと思います。

まずはハーブのステビア。

IMG_0003HP.jpg

作中で地味だ雑草だとさんざんくさされてますが、こんな感じです。地味。
これとむしって煮詰めると──

IMG_0086HP.jpgIMG_0088HP.jpg

こうなります。
劇物にならないよう気をつけてください。

続きましてヤングコーン。

KIMG0085HP.jpg

大きさが分からないと困るので、バナナ足してみました。

KIMG0087HP.jpg

剥くとけっこう小さいです。食べちゃったので剥いた写真がありません。すみません。

余談ですが、青山のファーマーズマーケット。

KIMG0082HP.jpgKIMG0080HP.jpg

こんな感じで野菜や果物がいっぱい売ってます。
まもりが見たヤギはたぶんこれ。

KIMG0083HP.jpgKIMG0084HP.jpg

可愛い。

あとはイチジクですね。

IMG_0028HP.jpgIMG_0034HP.jpgIMG_0025HP.jpg

こんな感じで畑になっております。品種はドーファンだそうです。
イチジク100万本プロジェクトの服部様、その説はお世話になりました。

あと畑にいたカエル。

IMG_0032HP.jpg

可愛い。

最後に『ミッチー』のモデルにした温州みかんです。

IMG_0079HP.jpg

実がなってますが、この時点じゃまだ青くて食べられないですね。

こんな感じで植物たちと取っ組み合いつつ、楽しく書きました。
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by hazuki at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

『おいしいベランダ。午前1時のお隣ごはん』発売です

おいしいベランダ・カバー完成_160418hp.jpg

どうもこんにちは、竹岡です。
13日は愛犬の日だったそうですね。
だいぶあったかくなってきたかと思ったら、うちの犬も蒸れたらしく、病院で薬塗ってくるはめになりました。犬の背中が動物のお医者さんの『毛刈りの窓』みたいになってます。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、今月はL文庫さんより新作『おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん』が出ることになっております。
本日が正式発売日。
恋×料理×ガーデニングぐらいのコンセプトで書きました。
いくら一般寄りとはいえ、ベランダ菜園をネタにする本というのはあまり無いと思うのですが、そもそもの出発点は「農業もので何か書いてみませんか」という編集さんの提案でした。

私は割と相手のリクエストにほいほい乗っちゃうタイプなのですが、さすがに農業の知識もコネもないのに何を書けばいいのやら状態。
うーんうーんと考えた結果、「や、野菜なら育てたことあるぞ」と、一番身近なベランダ菜園まで規模を縮小、目線を近いところまで下げたのが本作『おいしいベランダ。』です。

我ながらなんというスケールダウン。でもそのぶん身近で愛着のある品に仕上がったと思います。
ほんとに書いてて楽しかったんですよ。あ、わたしこういうのも書けるのかと。

あと、カレル・チャペックやいとうせいこうさんの園芸エッセイを読んで、男性目線のガーデニングってなんか面白いなと思ったのが、きっかけと言えばきっかけかもしれません。
皆様にもぜひ触れていただければと思います。

公式ホームページで、本編の試し読みと、書き下ろしの番外編『まもり、夏の終わりにエイリアンを食べる。』が読めます。
番外編は本編終了後の話なのですが、かなりサクッと短いので、こちらから先に読んでしまってもいいかもしれません。
番外編はカクヨムの方でも読めます。

作中に出てくる植物などの写真も、後日載せられたらと思います。
それではでは、よろしくお願いいたします!


posted by hazuki at 13:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

白好出版様から新作が出ます

どうもこんにちは、連休前に竹岡です。
この連休中はニガウリの苗を植える予定ですが、皆様はどんな感じでらっしゃいますか。
以前に植えたオデッセイの芋はふっさふっさに茂って、アブラムシと戦っています。
この次に更新する時は収穫できるといいな。

さて、お休みの前にお知らせです。
今回新しいレーベルさんでお仕事をさせていただくことになりました。
白好出版のホワイトブックスで、新作読み切りが7月に出る予定です。

タイトルは「鉢かぶっちゃった姫 〜蠣舘奇譚〜」
イラストは 成Pちさと先生 に描いていただくことになりました。

タイトルでなんとなく分かると思いますが、御伽草子の「鉢かづき姫」をベースにした学園モノです。
青春成分多めの「すこし・ふしぎ」なお話です。
しばらく少年向けではファンタジーが多かったので、現代物は珍しいかもしれませんね。
詳しくはレーベルの公式ブログをチェックしてみてください。

ちなみに今回はいつもの文庫サイズではなく、ソフトカバーの単行本サイズでの発行になりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
それではでは。滅びろアブラムシ!
posted by hazuki at 20:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

新作『おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん』富士見L文庫から出ます

Cc1hAuMUcAAaJcn.jpg

どうもこんにちは、竹岡です。
映画のオデッセイ見て、猛烈に芋を植えたくなりました。
野菜室のじゃがいもを種芋にして、にわかオデッセイごっこをはじめてみました。
いま芽が出たところです。
水も空気もあって爆発しない地球環境に感謝です。
いつか収穫のお知らせもできたらと思います。


さて、その前に新刊のお知らせです。
5月中旬に富士見L文庫さんより、新作を出していただくことになりました。

おいしいベランダ。 午前1時のお隣ごはん

イラストはおかざきおか先生です。
竹岡の日頃の言動や、タイトルでなんとなく予想がつかれるかもしれませんが、はい、料理×ガーデニングものです。
ベランダで野菜やら果物やらを育てて、まるっとおいしく食っちまいましょう的なお話です。
あとラブコメ書きたかったのですヨ。ガール・ミーツ・ボーイのラブいやつ。
取材含めて、こつこつ準備をしてきたお話なので、皆様にお届けできるのを楽しみにしております。

それではでは、よろしくお願いいたします!   
posted by hazuki at 19:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

偉大なる大元帥の転身2 本日発売です

IMG_0092.JPG
暖冬と舐めてかかってた冬が本気出してきました。みなさまにおいてはいかがお過ごしでしょうか。竹岡です。
ちなみに竹岡は、狂ったように大根を煮込みながら家に引きこもっております。台所仕事してると犬の機嫌がいいのです。パソコンで原稿書いてるよりもよっぽど。スヌーピーと違って、リアルの犬に原稿料とか言ってもわかんないですよね……。

そんな感じで理解のない環境で書いたお話が、一本発売となりました。

「偉大なる大元帥の転身2 勇者と炎上トーナメント」

本日1月30日発売です。どうぞよろしくお願いいたします。
特典情報などはこちらで確認してください。
ミケメインとイリスメインで書き下ろしました!

本編の内容といたしましては、サブタイトルの通り学園トーナメントです。一巻が旅でダンジョンでしたが、今度は街と学園内が舞台になります。ヒヨコしか呼び出せない人間が、どうやってトーナメントを戦うのかは、読んでお楽しみということで。
あと、またも理人にケンカ売るような勇者が登場しますが……他意はありませんよ。ええ。

それではもろもろ、よろしくお願いいたします。
別件の発表などもありましたら、また告知させていただきます。

ああ、さむいさむい。
posted by hazuki at 12:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

偉大なる大元帥の転身2 1月30日発売決定です

IMG_0002.JPG
師走よーと言って江戸川師走を思い出される方は、かなり少数派かもしれませんが。
BYマイフェアSISTER。
師走なのです。
12月なのです。

日曜も平日も関係ない仕事をしてますが、ホームセンターに「恋人はサンタクロース」が流れ
年末進行の声も聞こえはじめると
やっぱり意味もなく焦ります。
焦ったところで手が早くなるもんでもないのですが。

そういうわけで、最近の成果物のお知らせです。小説の方。
ファミ通文庫の「偉大なる大元帥の転身」の続刊が、1月30日発売で決まりました。公式はこちらに。
サブタイトルは「勇者と炎上トーナメント」です。
学園祭でトーナメントというコッテコッテを目指しました。
ヒヨコしか呼び出せないケータがどう関わるかはお楽しみに。
ついでに言うと勇者登場です。コテコテ×コテコテです。
リヒトじゃない勇者……こういう勇者もありですよねということで。

なんにしろ、いまチマチマと最後の詰めを修正しているところです。
どうぞ年明けをよろしくお願いいたします。
posted by hazuki at 12:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

政宗くんのリベンジ6巻 本日発売です

IMG_0091.JPG

どうもこんにちは、竹岡です。11月がもうほとんど息してないなんて嘘ですよね。
徐々に寒くなって参りましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

秋の終わりに秋の話をというわけで、政宗くんのリベンジ6巻が本日発売となりました。
紙、電子同時発売の模様です。どうぞチェックしてみてやってください。
書店特典などはこちらを参考にお願いいたします。
しかし表紙可愛いですよねー、小十郎。
次は誰になるんだろう……と毎回楽しみです。
内容といたしましては、引き続き文化祭編でケリが付く予定です。
政宗VS兼次、どんな結末になるかどうぞお楽しみ! という感じです。

小説の方もぼちぼちがんばっておりますので、何かしら近いところでお知らせできると思います。
それではではー。
posted by hazuki at 10:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

偉大なる大元帥の転身、発売です

IMG_0080.JPG

9月は取材に行ったりプロットをこねくり回したり、夏の間にのびきったゴーヤーの片付けをしたりと、下準備に駆け回っていた竹岡です。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
最終日の30日は、ファミ通文庫より新作『偉大なる大元帥の転身 出直し召喚士は落第中』が発売となります。
ファンタジーです。異世界召喚モノです。
あとがきや特設サイトにも書きましたが、前作パナティーア異譚の主人公とは真逆を行く主人公の話となりました。
一言で言うなら『召喚先で最初に会ったのがハイダル(魔術師)じゃなくアルゴス(美少女)だったら』みたいな。
同じページで試し読みもできますので、チェックしてみてください。

書店の特典などはこちらでどうぞ。アニメイトさんととらのあなさんでは、ささやかながらショートショートを書き下ろさせていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。ぺこり。
posted by hazuki at 03:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

ファミ通文庫より、9月に新作出ます

ファミ通文庫より、9月に新作出ます

どうも、連日ひからびそうな陽気が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
先日は引きこもりの封印を破り、有楽町までミュージカルのエリザベートを観てまいりました。ダンスを観るのが大好きなので(動く人間って美しいですよね)、ミュージカルももちろん大好物です。今回はキャスト一新演出一新で見応えがございました。

CGもカメラの切り替えもないのに、音と照明だけで次々に違うシーンを観客に送り出せる舞台ってほんと不思議です。照明落ちた瞬間に、異世界に持ってかれますからねえ。

で、異世界つながりというわけでもないですが。
ファミ通文庫より新作ラノベのお知らせです。

『偉大なる大元帥の転身 出直し召喚士は落第中』

タイトルからお察しの通り、ファンタジーです。
もっとぶっちゃけるなら異世界召喚ものです。
ええ、パナティーア異譚と一緒ですね。
割と早い時期に異世界に召喚されて、数年後〜という状況も、パナティーアの理人とかぶります。
ただ、召喚された後の過程がかなりイカれ……いえ、おかし……どうしてこうなったな主人公の話です。

たぶん、異世界召喚主人公対談とかやったら、おっそろしく噛み合わない二人です。お互いに「ありえない」「なにやってんの」とか連呼してそうな。置かれた立場も価値観もぜんぜん違うので、そういう意味でも書いてて面白いです。


9月30日発売予定ですので、何卒よろしくお願いいたします。
posted by hazuki at 10:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

富士見L文庫「横濱妖精探偵社」、本日発売です

KIMG0031.jpgKIMG0030.jpg
どうもこんにちは、竹岡です。写真は今月の新刊と、仕事場のベランダにやってきた昆虫らしき生命体です。自分の写真技術のなさ具合がほとほと嫌になった一枚とも言います。カミキリムシ……なのか……これは……。

さて、気を取り直して謎の生命体じゃない方の話を。
富士見L文庫さんより、「横濱妖精探偵社 隣人さんは賑やかに踊る」が6月15日の今日、正式に発売となりました。どうぞよろしくお願いいたします。
ファンタジアではなくL文庫での執筆ははじめてです。たぶんラノベじゃなくて一般文庫の棚あたりに置かれていると思います。

身よりを亡くした主人公のマニが、祖母の再婚相手の「おじいちゃん」のもとに引き取られることになり、会いに行った先で待っていたのは妖精にまつわる事件と、二十代にしか見えない金髪の青年だった――という感じのお話です。ほのぼの愉快テイストを目指してみました。カバーの真ん中にいるパツキンの兄ちゃんが「おじいちゃん」ですね。ええ間違いありません。

なんで日本なのに妖精なんだ、妖怪じゃないのかという点に関しては、作中でちゃんと説明してあるのでそこも楽しみにしていてください。こういうつじつまを合わせるのは、地味に楽しみだったりします。

ちなみに昔ファミ通で書いていた「オトナリサンライク」という妖精もののお話とも、うっすらとですが繋がりがあります。話の根幹にかかわる物ではありませんが、見つけた時はにやっとしてください。ウォーリーを見つけたような感じで。

公式ホームページで試し読みもありますので(なんとまるまる1話収録です)、ぜひチェックしてみてください。
それではでは!
posted by hazuki at 08:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする