日々のつぶやき お仕事情報など

2015年04月24日

富士見L文庫より新作です

KIMG0003.jpg
どうもこんにちは、竹岡です。
花粉症でかぴかぴだった鼻もずいぶん良くなりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
ちなみにずるむけになった鼻は、写真のミント保湿クリームに助けられました。いや本気で。ありがとう北見ハッカ。飴もうまいよ。

そろそろ告知も出たようなので、宣伝させてください。
KADOKAWAの富士見L文庫より新作が出る予定です。

『横濱妖精探偵社 隣人さんは賑やかに踊る』

人と妖精とをつなぐ「妖精学者」と少女の、とっても優しいフェアリーテイル

身寄りをなくし、初めて会う「祖父」を訪ねて、人と妖精とが共存する街・横濱にやって来た少女・マニ。これは、20代にしか見えない「祖父」と一緒に暮らすことになった彼女が遭遇する、騒がしくも優しい妖精譚――

──というのが公式の紹介です。
富士見L文庫は、どちらかというと一般の棚に置かれることの方が多いと思います。
はじめてのレーベル、しかもひさしぶりの女子主人公ということでわくわくが止まりません。女子! 女子!
「妖精が出て来て、異様に若いおじいちゃんが孫をだだ可愛がる話が書きたいんです」という提案を受け入れてくださったL文庫さんに感謝です。
可愛い話になったと思うので、早く皆様にお届けしたいです。

ちなみに竹岡と妖精というと、ファミ通で書いたオトナリサンライクを思い出される方もいらっしゃるかもしれません。あれとは国が違いますが、読むとびみょーにニヤッとできる箇所もあるかと思われます。びみょーにびみょーに。

発売日は6月15日。どうぞよろしくお願いいたします。
その前に漫画の政宗くんのリベンジが来ますか。こちらも後ほど書かせていただきます。
それではでは。
posted by hazuki at 09:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする